高齢者を相手にする看護師として

さまざまな患者さんを相手にしなければならない看護師ですが、社会福祉問題が深刻な世の中では、高齢者を相手にしなければならない時も多々あります。特に病院によっては、高齢者が患者の割合の多くを占めていると言っても良いでしょう。看護師として活躍している女性は、そのような高齢者の患者の話し相手になってあげることも大切です。患者にとって、男性よりも女性の方が心の拠り所にしやすいと言うポイントがあります。そのため、患者が明らかにそのような話相手を望んでいるような素振りを見せた時は、無視せずにしっかりと耳を傾けてあげましょう。確かに、看護師の仕事は非常に忙しく、患者一人一人に対して丁寧に相手をしていられない時もあります。しかし、あまりにもそっけないそぶりを見せてしまうと、場合によっては患者が心の拠り所をなくしてしまうこともあるのです。そのようなことになってしまうと、職業として本末転倒になってしまいます。患者さんを手助けし、お医者さんをサポートするのが看護師の役目です。この仕事を選んだのは自分なのですから、そのようなことを考えると高齢者の話にもしっかりと耳を傾けることを心掛けましょう。ただ流れ作業で仕事をこなすだけではなく、人情味あふれるような看護師の仕事ができるようになっておきたいところです。気持ちが回復すれば、患者の身体的な回復も早まります。ぜひとも、その手助けができる存在を目指しましょう。