介護施設で働くメリット

転職を考えている看護師は、さまざまな求人をチェックしていると思います。求人をチェックしていると、介護施設での求人が多いと感じるのではないでしょうか。今まで医療機関で仕事をしてきた看護師は、介護施設での仕事に興味を持つことが多いといいます。看護師が介護施設で働く場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。本来看護師の仕事というのは、患者のケアがメインとなります。入院病棟を担当している看護師は、その時々に応じて患者のケアが必要となり、常に忙しい環境です。しかし、介護施設は医療機関程忙しい仕事内容ではありません。介護施設には重篤な患者がいないので、基本的な仕事は高齢者の健康チェックとなります。様子がおかしいと判断した場合はその高齢者を病院につれていくことになりますが、実際に処置を行うことはほとんどありません。ということは、医療機関での勤務と比べると、医療的な仕事よりも状態のチェックや判断がメインの仕事になるということです。そのため、精神的な負担が小さいといえるでしょう。しかし、場合によっては的確な判断が必要となることもあり、医療機関でのある程度の経験が必要となります。そして、看護師の給与を高めに設定してある施設が多く、収入面での満足感も大きいです。このように、看護師が介護施設で働いた場合、メリットはとても大きくなります。仕事と家庭を両立したいという看護師にもおすすめします。高齢化社会の今、介護施設での看護師の需要は高まっているのです。